入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

工事後の不備を補償してくれる住宅保証機構などの提供するリフォーム瑕疵保険

26 views

外壁塗装にはお金がかかります。

もちろん住宅や塗装工事の種類によっても変わりますが、数十万円から100万円以上することも珍しくありません。

それだけたくさんの費用がかかるわけですから、塗装業者にはしっかり工事してもらいたいと思うでしょう。

ところが、現実には塗装工事が終わった後から不備が見つかることもあります。

そんな時にちゃんと補償してもらえるのか不安に感じることもあるでしょう。

ここでは、そんな方が知っておくべき住宅保証機構と、それが提供するリフォーム瑕疵保険のことを学びましょう。

リフォーム瑕疵保険とは

住宅保証機構とは一般財団法人で、住宅の品質を向上するために住宅補償制度を提供しています。

たとえば、外壁塗装工事の後に不備が発覚したり、また、業者が倒産して補償してもらえなかったりした時のために、リフォーム瑕疵保険を提供して消費者をトラブルから守るのです。

リフォーム瑕疵保険は、住宅保証機構以外にもいくつかの法人が提供しています。

いずれの法人が提供する保険であっても、塗装業者の倒産の場合も補償されるため、業者自身が提供する補償だけの場合よりも安心感は大きいです。

なお、新築物件の場合は瑕疵保険の加入が必須ですが、外壁塗装などで加入するリフォーム瑕疵保険は任意です。

また、リフォーム瑕疵保険に加入するかどうかは、消費者ではなく塗装業者が決めることですので、いざという時にリフォーム瑕疵保険で補償してもらいたいと思うのであれば、リフォーム瑕疵保険に加入する塗装業者を選ばなければなりません。

塗装業者ならどんな業者でもリフォーム瑕疵保険に加入できるものでないことを知っておきましょう。

建設業法に基づいた建設業許可を得ていること、リフォーム工事の実施件数、一定期間以上の業歴などの条件をクリアした業者だけが加入できます。

つまり、リフォーム瑕疵保険利用できる塗装業者なら、一定の信頼があるということです。

ちゃんとした実績がないと加入できないので、悪徳業者を見極めるポイントにもなります。

リフォーム瑕疵保険のメリット

リフォーム瑕疵保険に加入する塗装業者を選ぶと、塗装工事の検査を保険会社の検査員が行なってくれます。

その検査員は建築士資格を持つ第三者の立場ですから、塗装工事が本当にしっかり行われているかどうかを客観的に判断してくれます。

業者がどんなにしっかり作業していると口では言っても、その業者の言葉だけでは安心できません。

しかし、第三者の適切な資格を持つ人が審査してくれるのなら安心です。

また、検査によって何らかの瑕疵が発見された場合、期間内なら保険金によって補償が受けられます。

塗装業者のなかには自社で補償を提供するところもありますが、それにプラスしてリフォーム瑕疵保険があるとより安心です。

万一、塗装業者が倒産しても、それが保険期間中であれば補償が受けられます。

全国に展開する大手のリフォーム会社だったら倒産の心配は少ないですが、塗装業者のなかには地域に密着した小規模の会社も少なくありません。

そんな会社のなかには経営が危ういところもあり、傍からはわからなくても、実は倒産寸前ということもあり得るのです。

もし塗装工事後に業者が倒産してしまい、さらに、工事に不備が見つかった場合、たとえ自社保険に加入していても補償が受けられません。

そんな時でも、リフォーム瑕疵保険が利用できる場合は、保険会社から補償費用を受けることができるのです。

リフォーム瑕疵保険のデメリット

上記のように、リフォーム瑕疵保険にはさまざまなメリットがあり、加入しない理由がないように一見思えます。

ただ、リフォーム瑕疵保険にもデメリットとなる点もありますので、気をつけておきましょう。

まず、リフォーム瑕疵保険も保険ですから、保険料がかかります。

それを消費者自身で負担しなければならない場合があるのです。

リフォーム瑕疵保険とは塗装業者が加入する保険ではありますが、その保険料を誰が支払うかということに特に決まりはありません。

場合によっては、塗装を依頼したお客さん自身が負担しなければならないこともあります。

塗装業者側か客側か、どちらが保険料を負担するかは、見積書に書いてあるはずです。

リフォーム瑕疵保険の利用できる業者を見つけただけでは安心せず、見積書をしっかり確認しましょう。

また、保険料のみならず、検査員による検査料も負担しなければならない場合があります。

というより、検査料は保険料とのセットの場合が多いため、保険料を負担しなければならない場合は、検査料も同様に支払うことになると考えた方がよいでしょう。

この点も見積書でよく確認しておいてください。

もう一つ、リフォーム瑕疵保険のデメリットとなる点が保険期間の短さです。

1年や5年など、だいたいどれも数年程度となっています。

ただ、外壁塗装の不備は施工後すぐに発覚することが多いですので、それほど気にする必要はないでしょう。

入間市や狭山市で補償も含めて外壁塗装のことを検討したい場合は、一度入間リフォームにご相談ください。

代表 杉田
代表の杉田です。外壁屋根の塗り替えご相談はお気軽にお問い合わせ下さい!入間市を拠点に私がご対応致します!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、入間市の入間リフォームまでお問い合わせ下さい!

04-2937-4866 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。