入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

手抜き業者に注意!外壁や屋根の塗装は3回塗りが基本

33 views

外壁や屋根の塗装の際は塗装業者に依頼しますが、当然ながら一般の人では塗装のやり方がわからないので、業者に工事を一任してしまうことが多いでしょう。

しかし、何もわからないからと業者に丸投げはよくありません。

なかには、手抜き工事を行う業者や法外な料金を請求する業者もあります。

塗装というとついつい仕上がりに目が行きますが、塗装する回数にも注目しなければなりません。

外壁や屋根塗装は3回塗りが基本

外壁や屋根の塗装は全体を一度塗れば完了すると思ってしまいそうですが、実は違います。

一度塗装しただけでは、風雨や紫外線に耐えるほどの塗膜ができません。

そのため、通常は下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りが基本になっています。

3回も重ね塗りすることによって、丈夫な塗膜を形成することができるのです。

実際、塗料メーカーの方でも、3回重ねて塗ることによって耐久性が十分に発揮されるように塗料を設計しています。

塗料によっては3回以上、4回や5回などと重ね塗りする必要があるほどです。

下塗りの役割

最初に塗る下塗りは、3回塗りのなかでも重要な工程です。

塗り替える以前の塗装の塗膜の効果を消し、新しく塗る中塗り・上塗り用の塗料の外壁との密着性を高める役割があります。

今後、どのぐらいの期間、塗料が長持ちするかは、この下塗りにかかっているといっても過言ではありません。

したがって、どんなに工程を省略したとしても、外壁や屋根の塗装では下塗りは必ず行います。

下塗りに用いられる塗料の種類ですが、外壁や屋根の素材、劣化状況、また、中塗り・上塗りにどのような塗料を使うかによって変わります。

特に、中塗り・上塗り用の塗料との組み合わせは重要で、相性が悪い塗料を使うと、正しく塗装を行っても本来の機能を発揮できない恐れがあります。

下塗りに用いられる塗料は、一般にプライマーやシーラーと呼ばれる種類です。

塗り替える前の外壁や屋根にいきなり中塗り・上塗り塗料を塗っても大半が内部に吸い込まれてしまうため、下塗り用塗料によってムラができないように隙間を塞ぎます。

また、外壁や屋根の材質によっては、サーフェイサーやフィラーといった種類の塗料も用いられることがあります。

たとえばモルタルなど、ひび割れの起きやすい材質の外壁の場合、微弾性フィラーという厚みのある塗料を使って、ひび割れや凹凸を埋めてから中塗り、上塗りと進みます。

下塗りに用いられる塗料の種類が何であれ、この後の中塗りと上塗りにおいて塗料を外壁や屋根にしっかり密着させることが目的だと理解しておくとわかりやすいです。

また、外壁や屋根だけでなく、破風や軒天など住宅の付帯部を塗装する場合、同じく下塗りが必要です。

手抜き業者だと、「付帯部は一度塗るだけでよい」などというところがありますが、そういう業者には注意してください。

上に塗る塗料の吸着を良くするために行うのが下塗りですので、家の本体であろうが付帯部であろうが、下塗りを行うことは変わりません。

ちゃんと下塗りをやってくれるかどうかは、見積もりなどでしっかりチェックしておきましょう。

中塗りと上塗りの果たす役割

中塗りも上塗りも基本的に役目は同じです。

風雨や紫外線などから外壁を保護する塗膜を形成するために行います。

では、わざわざ二度塗らなくても、一度だけ上塗りすれば良いのではないかと思ってしまいそうですが、中塗りと上塗りというふうに2回重ねて塗装することによって、塗料の本来持つ機能をしっかり発揮させることができるのです。

それに、下塗りと上塗りの2回で終わらせると、どうしてもムラや気泡などが塗装面にできてしまいます。

また、3回塗りによって塗りムラをなくすだけでなく、艶を出したり、色斑を消したりなどと美観を整えられますので、外壁塗装では3回塗りが基本だと考えてください。

中塗りと上塗りに用いられる塗料の種類

中塗りと上塗りに用いられる塗料の種類は、シリコン、ウレタン、フッ素などさまざまです。

そのほか、断熱性能や光触媒機能など機能性を付加したものもあって、その種類は非常に豊富です。

また、塗料の種類によって耐用年数も変わってきますので、どんな種類の塗料を選ぶかは非常に大切になります。

ただ、どの塗料が最適なのかは、外壁や屋根の材質や状態などさまざまな要素が絡んできますので、専門家に判断してもらうことになります。

塗装には時間がかかる

ここまで見てきたように、外壁や屋根の塗装では3回塗りが基本です。

3回も重ね塗りするということは、それだけ時間がかかるということです。

一度塗った場所に重ねて塗装しようと思ったら、先に塗った塗料が乾燥するまで待たなければなりません。

塗料によって乾燥する時間も違っており、ものによっては「3時間乾燥させること」などとメーカーの指定があるようなものもあります。

そのため、どうしても塗装が完了するまでには時間がかかるのです。

「うちなら1日でできますよ」などと甘い言葉で勧誘してくる業者には注意しましょう。

入間市や狭山市で外壁や屋根の塗装のことなら、入間リフォームにご相談ください。

代表 杉田
代表の杉田です。外壁屋根の塗り替えご相談はお気軽にお問い合わせ下さい!入間市を拠点に私がご対応致します!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、入間市の入間リフォームまでお問い合わせ下さい!

04-2937-4866 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。