入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

カバー工法によるドアの取り替え工事のメリットとデメリット

48 views

玄関ドアのリフォーム工事といえば、従来は多くの工程と人手を必要とする時間と手間のかかる作業でした。

ところが、最近では「カバー工法」という新しい工事の方法が登場し、ドアの交換工事が早ければ半日程度でできるようになっています。

玄関ドアの取り替えとなると大掛かりな工事で生活にも影響が出そうに思われますが、わずか半日程度ならもっと気楽にリフォームに踏み切れるのではないでしょうか。

ところで、そのカバー工法とはどのような工事方法なのでしょうか。

カバー工法とはどんな工法?

玄関ドアを交換する従来の工事方法は、古いドアを取り外し、新しいドアを設置するという方法です。

要は、古いドアは完全に取り外す必要がありました。

そのためには、ドアの周囲の床や壁も一部壊さなければならないことがあります。

当然ながら壊した部分は、新しいドアを設置するとともに補修工事をしてきれいにしなければなりません。

そのため、ドアの交換工事といっても、床や壁の補修工事まで含まれてしまうので、どうしても工程が増えてしまい、それに伴い、工事費用も高くなってしまうわけです。

このような従来のデメリットを解消するのが、カバー方法という玄関ドアの取り替え工事で主流になっている方法です。

どんな方法かというと、その名の通り、古いドア枠を新しいドア枠でカバーしてしまう方法です。

古いドア枠の上に新しいドア枠をかぶせるため、ドアと接する床や壁を壊さなくても工事ができるようになりました。

カバー工法のメリット

カバー工法の第一のメリットは、先ほども述べたように、壁や床などの余計な補修工事が必要なくなったため、手軽にできるようになったことです。

カバー工法では、ドア枠は残したまま、サッシとドアを取り外し、そこに新しいドアを設置するだです。

ドアの種類にもよりますが、早くて半日、遅くても1日あれば工事は完了するでしょう。

費用も当然少なくてすみます。

かかる費用の内訳は、古いドアの撤去にかかる費用と、新しく取り付けるドアとその設置費用です。

ドアの種類によってもちろん費用は異なりますが、どんなドアであれ、カバー工法ではない従来の方法で取り替えるより費用が安くなることは確実です。

カバー工法のメリットとして、集合住宅にも利用できることが挙げられます。

工事の工程自体が少なく、工事に伴う埃や音なども比較的少ないため、ご近所にも迷惑をかけずにすませられるでしょう。

カバー工法のデメリット

カバー工法には多くのメリットがありますが、いくつかはデメリットとなることもありますので注意しておきましょう。

まず、カバー工法というぐらいですから、この工事方法では古いドア枠に新しいドアをかぶせるように設置します。

そのため、どうしても以前のドアよりも小さくなってしまうわけです。

高さ・幅ともに数センチは小さくなると考えてよいでしょう。

たいした差ではないものの、たとえば車椅子で移動する人がいる場合、その小さな差によってドアから出入りできなくなってしまう可能性も考えられます。

すでに玄関の幅がいっぱいいっぱいである場合は注意しましょう。

ドアが小さくなってしまうということですから、カバー工法では古いドアの枠組みが新しいドアの基準になります。

つまり、その枠組みより大きなドアは選べないということです。

交換工事のついでにドアの種類ごと変えたいと思っても、たとえば親子ドアにするとか、片開きドアから袖付きのドアに変えるとかいったことはできません。

以前のドアよりも大きなドアを付けたい場合は、従来通り壁や床を壊して枠組みごと新しくする必要があります。

ドアの下側に段差ができることもデメリットです。

ドアの下枠が2センチ未満の立ち上がりの場合、新しく枠を付けると段差ができてしまうことがあります。

最近登場したドアなら大丈夫な場合が多いですが、特に古いドアの場合は注意してください。

段差によって車椅子の出入りが難しくなることがあります。

段差ができてしまった場合は、段差を緩和する素材を取り入れたり、下枠を取り外したりしましょう。

段差を作らない方法として、「カット方法」という工事方法もあります。

この方法は、既存のドア枠を取り外してしまって、その上に新しいドア枠を設置する方法です。

これによって、いろんな種類のドアが選べます。

また、古いドア枠を取り払ってしまうため、カバー工法のようにドアの幅や高さが小さくなるというデメリットもありません。

カバー工法よりは多少時間はかかりますが、それでも1日あればドアの交換は完了するでしょう。

デメリットもありますが、カバー工法には時間と手間を節約できるという大きなメリットがあります。

費用も従来の方法と比べて少なく抑えられるため、手軽にドアを交換できるようになったと言えるでしょう。

玄関のドアは文字通りその家の顔ですから、ドアを交換するだけで雰囲気ががらりと変わります。

入間市や狭山市で、カバー工法のことも含めドアの交換や外壁の塗装のことなど何かありましたら、入間リフォームに一度ご相談ください。

代表 杉田
代表の杉田です。外壁屋根の塗り替えご相談はお気軽にお問い合わせ下さい!入間市を拠点に私がご対応致します!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、入間市の入間リフォームまでお問い合わせ下さい!

04-2937-4866 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。