入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

外壁材として広く普及するサイディングの種類やその特徴

32 views

家の建て替えや外壁の塗装の際に考えるのが外壁材です。

外壁材というとモルタルが主流でしたが、今ではサイディングが広く普及しています。

ただ、サイディングはその種類もたくさんあるので、どれが住宅の外壁に適しているのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

サイディングの種類とその特徴を確認しておきましょう。

サイディングとはどんな外壁材

サイディングとはパネルのようになっている外壁材のことです。

外壁材といえば、少し前まではモルタルが主流でしたが、モルタルは施工するのに技術が必要で時間もかかるうえ、費用も高額になる傾向があります。

それなのに、ひびが入りやすいというデメリットもありました。

それに対して、サイディングは工場で均一に加工されたパネル形状の素材です。

どれをとっても品質が同じなので、職人の技術に関係なく施工しやすいと言えるでしょう。

そのため、施工にも時間がかからず、それに伴い、人件費も抑えられるため、施工費用がリーズナブルというメリットがあります。

サイディングには、窯業系、金属系、木質系、樹脂系というおもに4種類あります。

それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングとは、繊維質とセメント質の原料を混ぜて作ったサイディング材です。

耐火性や耐衝撃性が高く、サイディングを使用する住宅の多くが窯業系を採用しています。

ただ、水分を吸収しやすく、それによって外壁材が伸縮してしまうこともあるため、劣化が比較的早いのがデメリットです。

継ぎ目部分の補修を数年単位で行わなければなりません。

窯業系サイディングのワンポイント

窯業系サイディングにもいろんな厚さがありますが、デザインを重視したい方におすすめなのが、15mm以上の厚めのボードです。

厚めのボードの方が凹凸を表現しやすく、お好みのデザインが表現できます。

ただ、あまりデザイン性を高くすると、1枚のボードに何かあっただけで、すべてのサイディングを貼り直す必要になることもあるので注意しましょう。

特にこだわりがないなら、基本的なデザインにしておくと無難です。

差し替えの必要が生じた時でも、代わりのボードがすぐに見つかります。

金属系サイディングの特徴

金属系サイディングとは、その名の通りスチールやアルミ、ステンレスなどの金属でできたサイディングのことです。

金属なので耐熱性や防音性が高く、耐久性や耐水性にも優れており、窯業系より耐用年数が期待できるでしょう。

金属の種類によっても違いますが、10年~15年程度は見込めます。

高い断熱性から寒冷地の外壁にぴったりです。

金属系サイディングのワンポイント

金属系サイディングは、その金属的な質感を利用して、シンプルでシャープなデザインの外壁にできます。

タイル調などに加工することもできますが、シンプルな方が差し替えがしやすいでしょう。

なお、金属系サイディングは耐久性が高いですが、金属ですので錆には注意しなければなりません。

塩害のリスクがある地域では避けた方が無難でしょう。

そうでなくても、錆を防ぐためには定期的な水洗いなど適度なメンテナンスが必要です。

再塗装も10年に1度ぐらいを目安に行う必要があります。

木質系サイディングの特徴

木質系サイディングとは、木材を加工して作ったサイディング材です。

自然の木材ならではの風合いが魅力で、木材の種類によって雰囲気も大きく変わります。

また、木材ですので断熱性が高く、見た目だけでなく機能的にも温かみのある住宅になるでしょう。

木質系サイディングのワンポイント

木質系サイディングは防火地域では使えないことがあります。

ただし、不燃処理された木質系サイディングなら防火地域でも使用できる場合がありますので確認しておきましょう。

木材が原料なので腐食には注意しなければなりません。

そのためには、塗り替えなどのメンテナンスが必要です。

ただし、あまり加工しすぎると木材の自然な質感がなくなってしまうこともあるので、うまく調節しなければなりません。

樹脂系サイディングの特徴

樹脂系サイディングとは、塩化ビニール樹脂を使ったサイディングボードです。

その高い耐久性により、気候の厳しい地域でよく使われています。

実際、アメリカやカナダなどでは、多くの住宅が樹脂系サイディングを採用しています。

高い撥水性があるので雨漏りの心配がありませんし、金属ではないので錆も発生しません。

10年~20年の耐用年数があるとされています。

樹脂系サイディングのワンポイント

メリットの多い樹脂系サイディングですが、北米に比べると日本ではまだあまり普及が進んでいません。

そのため、好みのデザインが見つからないこともあるでしょう。

取り扱いのある業者も多くないので、選択肢の幅はそれほどありません。

日本の住宅では窯業系サイディングが多く使われていますが、どれが最も適しているかは一軒一軒異なります。

どのサイディングがご自宅に最適なのかお悩みであれば、入間市や狭山市で外壁塗装を手がける入間リフォームにお問い合わせください。

代表 杉田
代表の杉田です。外壁屋根の塗り替えご相談はお気軽にお問い合わせ下さい!入間市を拠点に私がご対応致します!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、入間市の入間リフォームまでお問い合わせ下さい!

04-2937-4866 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。