入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

入間市、狭山市で外壁塗装なら入間リフォーム

低汚染塗料の特徴でこれで外壁塗装するメリット

222 views

さまざまな機能を備えた機能性塗料がありますが、なかでも汚染に強い種類の塗料のことを低汚染塗料と言います。

外壁や屋根の塗装に選ばれることの多いこの低汚染塗料ですが、この塗料で塗装すると、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか?

高い親水性を持つ低汚染塗料

低汚染塗料とは文字通り、それを塗ることで塗面が汚れにくくなる機能を備えた塗料のことです。

なぜこの塗料で塗装すると汚れにくくなるかというと、塗料に備えられた高い親水性に秘密があります。

水分と馴染みやすい性質のことを親水性と言いますが、この性質が強いということは、それだけ水分と一体になりやすいということです。

「塗料が水分と一体化してしまうのはどうなの?」と思ってしまうかもしれませんが、この性質が外壁や屋根を汚れから守ってくれるのです。

家の外壁は年月を経るうちにだんだん汚れてくるものですが、この汚れの原因は何でしょうか?

もちろんいろんな汚れがありますが、その多くが車の排ガスの影響でしょう。

大通りに面した家であれば、排ガスの汚れは日常的に気になる部分ではないでしょうか。

排ガスには親油性の高い成分が多く含まれています。

親油性とは、文字通り、油と結びつきやすい性質のことです。

それが親水性の高い低汚染塗料で塗装した外壁に触れるとどうなるでしょうか。

通常なら付着してしつこい汚れとして残ってしまうのですが、低汚染塗料で塗装しておくと、水と油の原理で、排ガスの汚れが付着しにくくなります。

汚れが塗装表面に付着しても、雨が降ると水分と馴染みやすい性質の塗膜が汚れとの隙間に雨水を蓄えて、雨と一緒に汚れも流れてしまうわけです。

低汚染塗料で外壁塗装するメリット

排ガス汚れに強いということ自体が低汚染塗料で外壁塗装を行う大きなメリットですが、汚れにくくなるということは、外壁のメンテナンスの頻度が少なくなるというメリットも生みます。

汚れるに任せていると頻繁に塗り直しが必要になったり、建物自体に劣化が生じたりすることもありますが、それがなくなるため、耐用年数も通常の塗料で塗装した時より長くなります。

長い目で見れば節約にもなるでしょう。

ほかにも、たとえば湿気の多い場所でなら、カビや苔、藻などが外壁に繁殖しにくくなります。

低汚染塗料で塗装するとホコリも表面に付着しにくくなるので、それを餌として繁殖するカビなども発生しないわけです。

さまざまなメリットを持つ低汚染塗料での塗装をご検討なら、入間市の入間リフォームまでお気軽にご相談ください。

最良の仕上がりを提供できるよう努めます。

代表 杉田
代表の杉田です。外壁屋根の塗り替えご相談はお気軽にお問い合わせ下さい!入間市を拠点に私がご対応致します!

無料診断実施中!

外壁や屋根の塗り替えなら、入間市の入間リフォームまでお問い合わせ下さい!

04-2937-4866 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。